株式会社チクテック

チクテックシステムから生まれる活性誘導水で「農」を拓く

お問い合わせ・ご相談  0187-43-2453

  1. TOP
  2. 取扱商品

取扱商品

活性誘導水


20リットル容器入
ダンボール梱包

牛の飲水に添加することにより、腸内環境を整え、健康を保ちます。また、牧草等に添加することによって抗酸化力が強化され、嗜好性の良い餌になることが期待できます。

<<使用方法>>
飼料種類の活性誘導水使用量目安。

飼料の種類 使用量の目安
細断サイレージ 草1トンあたり1リットル
ロールベール 草1トンあたり1リットル
乾草、ワラ類 300kgあたり1リットル
飼料用米 500kgあたり1リットル
その他粕類 500kgあたり1リットル
飲水 1トンあたり1リットル

 

活性誘導水との併用で最大限の効果を引き出せます!

畜産経営の大きな課題の「臭い」対策。当社の活性誘導水と新開発したスコヤカシリーズを併用することで相乗効果が生まれ、牛の腸内環境を整えることによって、悪臭の改善が期待できます。

スコヤカ’BS (液状混合飼料)


液状・2L入

活性誘導水と併用することで、サイレージ・TMRの微生物に抗酸化力が作用し、発酵をコントロールすることが見込まれます。

<<使用方法>>
活性誘導水と併用して使用。
使用比率は活性誘導水1リットルに対してスコヤカ’BSを100~200ccの割合で混入。嗜好性のよいサイレージに仕上がります。


スコヤカ’S (牛用混合飼料)


粉末・1kg入

哺乳牛のミルクに添加することで腸内環境を整え、免疫力を保ちます。

<<使用方法>>
活性誘導水と併用して使用。

1日あたりの使用量
哺乳 5~10g

 


スコヤカ’F (牛用混合飼料)


粉末・3kg入

育成牛・成牛のエサに添加することで腸内環境を整え、嗜好性の向上が期待できます。

<<使用方法>>
活性誘導水と併用して使用。

1日あたりの使用量
育成 10~15g
成牛 15~20g